40代からの皮脂ケア相談室〜アブラ不足を解消せよ!

乳液やクリームを使って40代の肌に油分を補ってあげる。

皮脂が少なくなってしまうことで肌がカサつくようになりますし、外部刺激の影響も受けやすくなります。 40代になればそれを顕著に感じるようになりますが、そんな肌に不足している脂を補うものが乳液やクリームです。

乳液とクリームを両方使う人もいますが、どちらか一方でもいいです。乳液とクリームの違いは単純に水分と油分のバランスの違いなので、 肌に触れたときの感触の好みで選んでもらってかまいません。

ただ、個人的には皮脂の代わりとなる油分を補う目的で使うのであれば、油分の多いクリームのほうがいいのかな?という感じがします。

最近の乳液やクリームは、ただ油分を補うだけのスキンケアアイテムではなく、保湿成分やエイジング成分など美容効果に優れた有効成分も多く配合されていて、 そのうえ、肌触りが柔らかく刺激が少ないということもあってスキンケアの要になっています。

40代ともなれば皮脂不足による乾燥や肌荒れだけでなく、シミやシワ・たるみといったエイジングサインも気になる年代ですから、 油分の補給のついでに特殊な美容効果のある乳液やクリームを使ったほうが肌にとってはいいはずです。

乳液・クリームの特徴と役割

@ 油分を与える。
A 保湿成分やエイジング成分など有効成分を与える。
B 刺激が少ないから敏感肌にも使える。

乳液やクリームの効果を高める使い方

若いころは保湿ケアで与えた潤いを密封するという目的で乳液やクリームを使っていたと思いますが、 40代からは「油分自体を補給すること」「アンチエイジングに効果のある有効成分を補給すること」の2つを目的にして乳液とクリームを使うことになります。

塗りムラを防ぐクリームの塗り方

1回分のクリームを5等分して、鼻を中心におでこ・顎の上下、両頬の5か所に置きます。 最初に点在させてから使うことで、量が均一になりますし、塗りムラも防げます。

目元など乾きやすい部位は重ね塗りしてもOKです。

乳液やクリームを使う時に気をつけたいのは、絶対にこすらないということ、そして量をケチらないことの2点。この2つは絶対に守ってください。

よくやりがちなのは、皮膚にすりこむようにしてクリームを塗ってしまうこと。すりこんだところで浸透がよくなるわけではないですし、 逆に肌にとっては摩擦になるので、ダメージなるので肌トラブルや肌老化の促進につながってしまいます。

量をケチることは、そもそもの効果が怪しくなりますし、クリームのクッションが薄くなることで摩擦につながってしまうのでこれもNGです。

乳液やクリームについてよくある40代女性からの質問に回答

高い乳液やクリームを買ったほうがいいですか?

値段と効果は必ずしも比例するわけではないので、使ってみて肌との相性がいいものが一番いいと思います。 値段よりもどんな効果が期待できる有効成分を配合しているか?のほうが大事です。

アイクリームなど部分ケア用のクリームは必要ですか?

アイクリームの特徴としてはハリ・弾力をもたらすエイジング効果のある成分が配合されているケースが多いということです。 油分の補給ということであれば普通のクリームで目元ケアすればいいですが、目元のシワやたるみなども気になっているなら 専用のクリームを使ったほうがいいかもしれません。

どんな有効成分が配合されているのがおすすめですか?

保湿成分としては、セラミドやヒアルロン酸など肌の組成成分を含んでいるものがいいです。 ハリや弾力に作用するレチノールやEGF、FGFといった成長因子が配合されていればかなりうれしいです。 真皮のコラーゲンをサポートする有効成分が配合されているとかなりポイントが高いです。

スクワランオイルやアルガンオイルで皮脂を補うのはダメですか?

全く問題ないと思います。酸化にさえ気をつけてもらえればオイル美容は衰えが見え始める40代の肌にはピッタリです。 ただ、植物オイルは、油分の補給と栄養補給に効果が限られ、エイジング効果はさほど期待できないと思います。

『皮脂を増やす方法』の他メニュー