40代からの皮脂ケア相談室〜アブラ不足を解消せよ!

皮脂が酸化するとニオイのもとになる!

皮脂が酸化することでさまざまなニオイ物質を生み出すことは有名です。一番有名なのは加齢臭でしょう。

加齢臭のあの独特なニオイ(=ノネナール)は皮脂が酸化されてできた過酸化脂質と中高年特有の脂肪酸「パルミトオレイン酸」が反応することで発生します。 男性特有のものかと思いきや女性にも発生するので、関係ないわと油断はできないものなんですね。

女性の場合、女性ホルモン(エストロゲン)が皮脂の分泌を抑制する作用があることもあって、 男性と比較するとノネナールの発生量は圧倒的に少ないのです。

ただ、ノネナールの発生メカニズムは男性も女性も変わりありませんから、食生活やストレス、睡眠不足等で皮脂の分泌がいつもより増えるようなことがあると、 ツンとした加齢臭を周囲に漂わせてしまうことになりかねません。

女性にとっての加齢臭のピークは更年期以降。女性ホルモンの影響力が弱くなると加齢臭がキツくなってくるといわれています。 加齢臭のニオイ物質であるノネナールは皮脂の酸化によって発生するものなので、皮脂を酸化させないように肌を清潔に保つことが重要になってきます。

男性特有のニオイの正体はペラルゴン酸orジアセチル

10代の汗臭にはじまり、常にクサいのが男性ですが、30代になると加齢臭とはまた違う使い古した食用油のような独特のアブラっぽい体臭がすることがあります。 この30代男性特有のニオイの原因は「ペラルゴン酸」あるいは「ジアセチル」というこれまた皮脂が酸化してできるニオイ物質なんだとか。

過酸化脂質は諸悪の根源です。

皮脂が酸化して生成される刺激物質が過酸化脂質です。皮脂が多い(=皮脂の分泌量が多い)ほどそれだけ過酸化脂質に変性してしまうため、 洗顔で余計な皮脂を落とすことはスキンケアにおいて非常に重要になります。

過酸化脂質が肌にどんな影響を及ぼすか簡単にまとめてみました。

過酸化脂質の刺激によって毛穴詰まりが炎症してニキビに!

過酸化脂質の刺激がメラニン生成を促してシミの原因に!

肌の代謝機能を乱す原因になり、肌のバリア機能を低下させる!

肌内部に炎症を引き起こし、肌組織にダメージを与える!

まさに諸悪の根源といった感じですよね。

40代の女性にとっては皮脂が酸化することでニオイが発生するのはもちろん困ったことではあるんですが、 過酸化脂質のように肌トラブルや肌老化の原因になるものが生成されてしまうのが一番やっかいなはずです。

抗酸化成分で皮脂の酸化を防ぐことが大切!

皮脂が空気や紫外線に触れると酸化します。その結果としてニオイ物質や刺激物質が生成されてしまうわけなんですが、 そうしたニオイ物質や刺激物質が生成されないように対策を講じることが大切だというのはいわずもがな。

キーワードは「抗酸化力を高める」というです。人間にはもともと酸化に対する抵抗力というものが備わっているのですが、 これが加齢や普段の食生活によって低下してしまっているのが現状なんですね。

加齢による抗酸化力の低下は、仕方ないことだとしても食生活の影響で抗酸化力が低下してしまっているというのは、非常に勿体ないです。 酸化を促す食べ物には、以下のようなものがあります。

搾った油・動物性蛋白質&脂肪・酸化した食べ物・インスタント食品etc...

逆に抗酸化力を高めるために以下の栄養素に注目してみてください。

ポリフェノール、アスタキサンチン、リコピン、ビタミンC、ビタミンEetc....

旬の野菜や果物を食べていればこうした抗酸化作用のある成分を摂取できます。そして、美容や健康にいい食生活として何度も取り上げられていますが、 和食が一番だということです。旬の食材を使った和食が皮脂の酸化対策にとっても最強だってことです。

『皮脂について』の他メニュー